タミフルでインフルエンザを治す

タミフルはインフルエンザの治療薬となっておりますが、近年では10代の子供への使用が禁止されています。では、タミフルの何が使用禁止となっているのかを説明したいと思います。

タミフルの画像とインフルエンザの女性

10代へのタミフルは使用禁止について

タミフルは世界的にも利用されている効果に優れたインフルエンザ治療薬です。
一般的にインフルエンザ治療薬は発症時に症状が増悪しやすい子どもや高齢者に処方される傾向があるのですが、タミフルは例外的に子どもへの処方が禁止されています。
この理由としては日本国内で発生したタミフルを処方された子どもの異常行動があり、このリスクを懸念して日本国内では子どもへの処方が禁じられているのです。
医療機関側としてもこうした判断に基づいて処方を決めていますから、何らかの理由でタミフルを処方しなくてはならないような状況にあるわけでも無い限り処方されるということはないと見て良いでしょう。
ただ少々知っておきたいポイントになるのは、この処方された子どもに引き起こされる異常行動について明確な因果関係が明らかにされていない部分です。
日本国内では異常行動の事例が報告されているのが事実であるとはいえ、海外で日本ほどタミフルによる異常行動が問題視されていることはありません。
また医学・薬学的な研究の中でもタミフルによる異常行動については因果関係が特定できておらず、一応インフルエンザ脳症によって異常行動につながったのではないかなどの説が出てきているものの、結論は未だに出ていない状態が続いています。
もちろん「結論が出ていないのならばリスクがあることを否定できないのではないか」という意見はもっともなものですし、事実として日本ではこのリスクがあることを否定できないために処方を原則禁止にしています。
ただタミフル自体はインフルエンザ治療の効果が極めて優れている薬であるため、危険なものと頭ごなしに否定するのではなく薬としての価値は高いことをしっかり認識してください。